過去ログ

あなたは現在、2008年4月の過去ログを見ています。

4月30日水曜日: 小輪:シーナ

カテゴリ: 品種紹介
投稿者: Ricka



sheena画像


 国産の品種ならではの淡く優しいピンク。雄蘂の周りだけピンクが濃くなるところなんか堪らない。
 ちなみに品種名のSheenaは名字の椎名から来ている。でも、その"椎名"は新宿系に因んだわけでも、パンクロッカーな理由でもない。本邦初公開の事実。


4月27日日曜日: 大輪:セリーナ

カテゴリ: 品種紹介
投稿者: Ricka



selina画像


 前回に引き続き生産休止中ながらご紹介。
 くどさを感じさせない茶色、と言うかココア色。
 花弁はまっすぐにシャキーン!と伸びる感じではなく、緩やかに弧を描き、大らかな印象を与える。

4月24日木曜日: 小輪:エリーゼ

カテゴリ: 品種紹介
投稿者: Ricka



elise画像


 ひとまず出荷終了してしまいましたが、さぎやまのはなお薦め品種「エリーゼ」です。
これまたシーナ同様で、国産ならではの優しいピンクが魅力的。花弁の幅が糸弁品種としては広め。立体的に交差する花弁の表情に注目していただきたい。

カテゴリ: 告知
投稿者: Ricka


セリーナとエリーゼの二品種の生産が終了しました。
両品種ともに一時休止です。どちらもお薦め品種ですので再登場をお待ちください!

セリーナ
selina画像

エリーゼ
elise画像

4月21日月曜日: 大輪:パームビーチ

カテゴリ: 品種紹介
投稿者: Ricka



palmbeach画像


 ガーベラの品種数は(都会の)星の数ほどあれど、ケチの付けようのない品種は数少ない。総合的に満足な品種。bravo!

カテゴリ: 雑記
投稿者: Ricka


 前のエントリーにてpinka様よりいただいた質問に対する回答エントリーです。

» 続きを読む

4月18日金曜日: 小輪:チェリータイム

カテゴリ: 品種紹介
投稿者: Ricka



cherrytime画像


 淡いピンクの定番品種「ブラバ」の対抗品種。でもどうしても丈が伸びなくて苦戦。2007年度で打ち切り予定。

カテゴリ: 芸術
投稿者: Ricka
 植え替えの合間を縫って水戸に行ってきた。
 主目的は水戸芸術館にて開催中の宮島達男|Art in Youだ。

 宮島達男と言えばLEDのデジタルカウンタを使った作品で知られる現代美術家だ。人気作家なので作品を目にする機会は割と多いが、未見であれば東京都現代美術館に常設展示されている「それは変化し続ける それはあらゆるものと関係を結ぶ それは永遠に続く」がお薦めだ。

 僕が好きなのは千葉市立美術館所蔵(多分)の「地の天」だ。巨大な作品なので滅多にお目にかかれないが、作品名に恥じない、地上に現れた宇宙(と書いてそらと読ませたい気分)を見ていると時間の経つのを忘れる。

 話を戻そう。「宮島達男|Art in You」だが、大がかりな作品が多いので展示点数は少なめだ。なので時間に余裕がなければ、ある程度駆け足でも見られるのがありがたかった。もちろん余裕があればいつまででも見ていられる。

» 続きを読む

カテゴリ: 告知
投稿者: Ricka


以下の四品種の生産が終了しました。
ロドリゴとミノーは一時休止です。
ピンパーネル、クリスピーとは今生の別れ。特にクリスピーは、白のミニスパイダーと言うカテゴリに属する品種が無くなります。残念なことです。

ロドリゴ
rodrigo画像

クリスピー
crispy画像

ピンパーネル
pimpernel画像

ミノー
minou画像

4月15日火曜日: 小輪:マリブ

カテゴリ: 品種紹介
投稿者: Ricka



malib画像


 漫画の神様と言えば手塚治虫、J-WAVEの顔と言えばクリス・ペプラー、江戸を斬ると言えば西郷輝彦、宮崎と言えば東国原英夫である様に、ガーベラのクリームと言えばマリブとなるくらいの代名詞的品種。それだけ浸透している割には大輪と思われていたり、中輪と思われていたりと、立ち位置が曖昧だったりもする。

カテゴリ: 告知
投稿者: Ricka


 京王線沿線に展開するフラワーショップ京王さんにて、さぎやまのはなのガーベラフェアが開催中です。
 上京ついでに何店舗かに寄らせていただきました。忙しい中、色々お話し聞かせてくださいましてありがとうございました。
 移動には京王線を利用しました。昼過ぎから移動を開始して、19時頃に時間切れになりました。回れたのは七店舗。思ったより回れるものですね。今回行けなかった店舗にも行ってみたいものです。

明大前店
KGS画像

八幡山店
KGS画像

西調布店
KGS画像

府中店
KGS画像

せいせき店
KGS画像

桜ヶ丘東口店
KGS画像

高幡店
KGS画像

4月13日日曜日: 大輪:カリフォルニア

カテゴリ: 品種紹介
投稿者: Ricka



california画像


 特に語る事もないくらい定番のオレンジ。眩しいけど爽やかさも感じる明るいオレンジは古くならない。

 語る事が無いのでカリフォルニア(と言うかLos Angels)に行った時の話。Six Flags Magic Mountain(ジェットコースターが山ほど有る遊園地)で「Sho Funakiか?!」と人違いされた事があります。ちなみにShow FunakiはWWEのレスラーです。で、その偽Sho Funakiはその後、土産物売り場でレジ待ちの列に割り込んだ現地人少女と口喧嘩をする羽目になるのでありました。

4月12日土曜日: 小輪:ピンパーネル

カテゴリ: 品種紹介
投稿者: Ricka



pimpernel画像


 中央のぽっこり盛り上がった八重らしい八重。
 去年のキャンキャンに次ぐ渋赤カテゴリの品種だが、キャップに挿しづらい、背が伸びない、となかなか生産者泣かせ。判に押した様に宣伝文句に「泣ける!」との煽りの入った映画をうっかり見に行ってしまう人は見逃せない!

カテゴリ: 告知
投稿者: Ricka


以下の二品種の生産が終了しました。
ペニー路線は打ち切り。ヒカリ路線は品種が変わりますが継承されます。

ペニー
penny画像

ヒカリ
hikari画像

4月 9日水曜日: 小輪:エレノア

カテゴリ: 品種紹介
投稿者: Ricka



elenor画像


 柔らかいピンク。適度なコントラストの茶目(と、そこのふかふかの触り心地)のなんと快適なことか!素晴らしい花だ。
 なのに、茎に茶色い染みが出る。それさえ無ければ…と思わずにはいられない。月に叢雲花に風。

4月 7日月曜日: 小輪:メーシー

カテゴリ: 品種紹介
投稿者: Ricka



macy画像


 なんと写真映えのする花なのだろう。とメーシーの写真を見るたびに思う。
 白地に赤の複色ガーベラと言うと幾種類かあるが、中でもメーシーは多くの花を咲かせてくれる孝行息子だ。

カテゴリ: 雑記
投稿者: Ricka

 スリランカと言えばインドの南西に浮かぶ島国である。
 そして僕はスリランカに憧れる。
 何故かと言えば、かつて「インド洋に浮かぶ宝石」と言われた時代のイメージがあり、主食がカレーの国だからであり、仏教国としての親しみがあるからだが、それよりなにより、アーサー・C・クラークの住む地で有ることに尽きる。
 アーサー・C・クラークは言わずと知れたSF作家である。アイザック・アシモフ、ロバート・A・ハイラインとでSF御三家に数えられる大御所中の大御所である。
 彼の作品は沢山読んだ。彼の作品に登場する人物は深みに欠けるので、文学としての魅力はもう一つかも知れない。だが、それを補って余りあるセンスオブワンダーがあり、科学には、未来には希望があると思わせてくれる。 
 話を戻そう。スリランカに行き、クラーク邸に行く。もしかしたら本人にも会えるかもしれない。そしたら大変だ!今から語学力を付けなくちゃ。いい歳して留学か?なんて考えてしまう。小さな夢である。
 けれど、その夢は叶わない。
 2008年3月19日、アーサー・C・クラーク没。
 早く、彼が生まれ変わり、また素晴らしいSFを書いてくれることを祈る。

カテゴリ: 告知
投稿者: Ricka

 本年二度目の改植情報です。


キミー
キミー画像

 ユーモレスク
ユーモレスク画像

 エキゾチカ
エキゾチカ画像

 以上三品種の出荷が終了しました。キミーは良いピンクなのですが、さようならです。