珍しくお花屋さん紹介です。

花のたまむし
〒970-8026
福島県いわき市平字菱川町6−1
google map

いわき芸術文化交流館アリオスの東隣にあるこじんまりとした花屋さん。

外観

今回の訪岩の目的である、IWAKI ARTトリエンナーレ2010「やる気」のサテライト会場の一つです。
店内に展示されている作品を目当てに入ってみると、、、

なんと素敵な花屋さん!無理なく自然体で枯れた感じの落ち着いた雰囲気。

内観1
内観2
内観3

生花の種類はそれほど多くありませんでしたが、お手製のドライフラワーのアレンジが目を引きます(写真はドライ化進行中のエリア)。

ドライ作成中

自分、プリザーブドには魅力を感じませんが、ドライは好きなんですよねー。

さて、お待ちかね。お店の方のご登場。

内観4

佐藤 文さん。
IWAKI ARTトリエンナーレ2010の参加作家さんでもあります。
頭上のモービルは彼女の作品です。Candy Universeって感じでドキドキしますね。写真には写っていませんが、針金作品も吊ってあってぼっけえかっこよかったです。微生物みたいで。これ、褒めてますよ。

お店はお母さんとやっているそうですが、生花店エリアに彼女の作品が侵食しすぎないように、と釘を刺されているんだとか。そんな種類の領土争いがあるとは(笑
出品作品の中にはそのお母さんを題材にしたものもあるので、可能でしたらご覧あれ。笑えますよ。いや、震えるかな。

内観5

店内に飾ってある作品の一部。スイカかカボチャか、とにかく瓜系に違いないモンスター。かわいいですねー。軍隊物バディ感も垣間見え、想像力を刺激します。

店の奥に飾っていない作品があったので見せてもらいました。お仕事中なのに快く対応していただいて感謝です。可愛らしくて気の良い佐藤さんのいる「花のたまむし」、私的いわきで最も熱い場所に認定です!


save